« 平成30年 9月歌舞伎座 昼の部 | トップページ | 徳島、ときどき香川 2/4 »

徳島、ときどき香川 1/4

今年の夏の旅行は徳島へ。
9月第3週の日曜日に出発。
土砂災害に厳重な注意を、と言われていた雨の徳島にJALで降り立ったのが11時。当初どーんと祖谷渓を目指す予定だったが、「秘境」は晴れの日がいいと予定を変更し市内見物から。

002

空港のトヨタレンタカーでVitzを借りて最初に向かったのは「阿波おどり会館」。そこでVTRで色々な連の踊りを見せてもらい、あのリズム・生演奏で大人数で踊る阿波踊りが見たくなった。

001

会館の職員の方に近くのおいしいそば屋さんを教わったものの、お腹がすいていたのでそこまで持たず近くにあった徳島ラーメンの「大孫」へ。徳島ラーメンはご飯のおかず、とも聞いていたのでチャーシュー麺の他、ライスを注文し交互に食べる。確かにご飯にあうしチャーシューが柔らかくうまかった。

次に「阿波十郎兵衛屋敷」へ。

004

文楽好きだし、谷崎の『蓼喰う虫』に出てくる淡路の人形浄瑠璃にも通じるところもあると思って。こちらでは毎日人形浄瑠璃の上演があり、ちょうど14時のその時間に合ったので、「傾城阿波の鳴門」の「順礼歌の段」を特等席で観た。大阪の文楽のような大仰さはなく素朴な感じだが、人形遣いが細やかで特に三味線に迫力があって良いものを観せてもらったと思う。

003

今夜の宿の「サンリバー大歩危」に向かうまでまだ少し時間があったので次は脇町に。徳島自動車道を40キロ程走り脇町ICで降り、「藍商佐直吉田家住宅」へ。

005

美馬市HPの説明によるとに「寛政4(1792)年に創業した藍商、吉田直兵衛の家。脇町でも一、二を競った豪商。約600坪の敷地に江戸時代中期から後期にかけて」建てられたとのこと。これまで色んな旧家の住宅を見てきたが、ここは広かった。二階もしっかりあったし。

007

雨もあがり、「うだつの町並み」を散策したあと大歩危に向かった。

006

|

« 平成30年 9月歌舞伎座 昼の部 | トップページ | 徳島、ときどき香川 2/4 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100461/67167856

この記事へのトラックバック一覧です: 徳島、ときどき香川 1/4:

« 平成30年 9月歌舞伎座 昼の部 | トップページ | 徳島、ときどき香川 2/4 »